最近よく名前を聞くようになったまつげ美容液ルミガン。まつげの育毛剤としても名高いルミガンですが、実際のところ本当にまつげが伸びるのかどうか使ってみました。

ルミガンでまつげを育毛しトラネキサム酸でスベ肌に

女優やモデルな顔を見てみると、ぱっちりとした目をしていて、綺麗なスベ肌をしている人ばかりなので、テレビや映画で見るたび、羨ましいと感じている方もあるでしょうね。
しかしいくら羨ましくても、整形することまでは考えていないなら、ルミガンとトラネキサム酸を使うことをおすすめします。

ルミガンはアメリカのアラガン社が研究・開発した、まつ毛を育毛する効果のある薬なので、目元をぱっちりとさせたい方におすすめです。
もともとは緑内障や高眼圧症などの治療のために用いられる点眼薬なのですが、主成分ビマトプロストには、まつ毛を太くしたり、長く、濃くするという副作用があったため、まつ毛の育毛薬としても使われるようになりました。

また、スベ肌になるためには、シミやそばかす、肝斑、摩擦による色素沈着などがあってはなりませんが、アミノ酸の一種であるトラネキサム酸には、メラニンの生成を抑えたり、炎症を抑える作用があるので、使えば使うほど効果があらわれるようになります。
紫外線を浴びると、シミのもとであるメラニンを作り出す、メラノサイトの周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる情報が伝達されますが、トラネキサム酸は、それをブロックし、メラニンの生成を抑えることが出来ます。
シミやそばかすだけでなく、抗プラスミン作用があるため、肝斑にも有効だといわれています。
トラネキサム酸は、メラニンが作られる前に、メラノサイトの活性化をブロックし、肝斑の発症を抑えられるので、スベ肌になりたい方は使ってみるようにしましょう。
ルミガンやトラネキサム酸は病院に行かなければ処方してもらえませんが、個人輸入代行通販を利用すれば手に入るので、大きな目とスベ肌に憧れる方は注文してみてください。